20180817 (更新)翻訳機レヴュー ili / POCKETALK / mayumi2

購入動機: 中国語(標準語的な)圏でのコミュ

【レヴュー1: ili
・クソです。金の無駄です。
・新品購入で19,800円。
・one-wayというのは、コミュで意味なしません。
・one-wayで使うと、相手が何か言いたい、
 もしくは言った時に、ほとんど何のリアクションも取れない。
 双方のフラストレーションが溜まるだけ。
・ポケットに入れているだけで、すぐに電源onされて
 いつの間にかバッテリーLOW。
・所詮おもちゃです。
・POCKETALK購入に合わせてヤフオク流れ。
 そこそこの値段で売れるのがCM効果で助かった。

【レヴュー2: POCKETALK
・グローバルSIM搭載品を購入。新品29,800円。
・グローバルSIMの有効期限は2年。それ以降のサービス提供が
 明確になっていないのがミソ。
・独自のSIMのみ対応とか謳っている。
・初期設定は親切なサイトがあるので、
 同梱されてくる取り説とかクソだけど、なんかなる。
・最初は順風満帆だったが・・・
 中国本土→香港への越境を期に状況は一変。
画像

・再起動、SIM再挿入、初期化等々何をやっても改善しない。
・電話アフラーサービスはない。メールでのASのみ。
 カメレスな上に、的を得ていない不毛なやり取り、うんざりです。
・本品を返送(着払い可)でテストの結果、何の問題もありませんと
 あっさり返送されてくる。
・SIMでインターネット接続の確認(3Gと表示されるか)と、
 その後の翻訳状態確認とかをやったらしい。
・TLで中国の他の地域でも同じような状況の人多数ということが
 判明。
・ヤフオク流れ決定。(未済)

【レヴュー3: mayumi2
・名前が南極2号みたいで、役立たずな予感。
・こちらはヤフオクで中古を18,000円で購入。(SIM約2年付き)
・SIMフリーのようなので、万が一に備え中国・香港の4G SIMを準備。
 7日間 1,200円(アマゾンプライム)
画像

画像


7月25日からまたぞろ同じ中国本土→香港→中国本土の
回遊業務なのでレヴュー更新は追って・・・


【続報】
1.mayumi2は、所さんの笑ってこらえてに出てきそうな
 田舎のじーちゃんみたいに、言ったことと違う翻訳多数。おまけに有効なSIMが搭載されているにもかかわらず、こちらもネット接続しない。

 →結果、本当に使えない。

2.追加購入したSIMもmayumi2は認識しない。バカちん。

3.POCKETALKのネット接続は相変わらずお粗末極まりない。
 が、翻訳精度とスピードは秀逸だということを再確認。
 VPNの設定を端末自体でできないので、GFWに対応した
 ネット環境下でなければ、能力は発揮されない。


現状では、レンタルWIFIで2機を併用するしかないようだ。
残念。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック